• ホーム
  • ニュースリリース
  • めっき技術提案
  • 高品質・環境配慮
  • 地域のみなさまへ
  • 会社案内
会社案内
会社概要
称号 株式会社 駒ヶ根電化 業種 金属製品製造業
(金属表面処理加工)
創業 昭和21年 7月 1日 資本金 1,660万円
所在地 〒399-4102
長野県駒ヶ根市飯坂2丁目5番10号
電話:0265-82-5161
FAX:0265-82-4591(総務部)
FAX:0265-82-6855(業務部)
FAX:0265-81-7260(技術部)
主要製品 自動車部品 / コンピューター部品 / 電子部品 / 電機部品 / 音響部品 / 機械治工具部品 / チップ抵抗等 / 各種金属製品
役員 代表取締役  山下 政隆
専務取締役  山下 善一
取締役会長  山下 善廣
主要加工品種 こちらをご覧ください
主要取引先
横浜ゴム株式会社
ミヤマツール株式会社
日本発条株式会社
クラウン精密工業株式会社
エヌティーツール株式会社
株式会社八幡ねじ
株式会社エスアイテック
マルヤス工業株式会社
住鉱テック株式会社
株式会社東豊精工 
KOA株式会社
大陽ステンレススプリング株式会社
日発販売株式会社
帝国通信工業株式会社
株式会社北澤電機製作所
日本電産サンキョー株式会社
有限会社泰成電機工業
株式会社LADVIK
オリンパス株式会社
他 200社
主要仕入先
ミライ化成株式会社
化興株式会社
株式会社一丸井林屋
JX金属商事株式会社
キクヤピーエム株式会社
鍋林株式会社
信濃化工株式会社
三明化成株式会社
経営理念
・無限の可能性に挑戦し、最適のめっきサービスを通じ社会に貢献する
・能力の無限の可能性に挑戦し、会社と社員の自己実現を図り
 会社と社員の幸せを目指す
社長の言葉

当社は、戦後まもなく、長野県駒ヶ根市で産声をあげています。家族を養いたいという一途な気持ちから出発しましたが、幸運にもめっき加工という天職に巡り会い、今日まで成長を遂げることが出来ました。めっき加工は、近年では自動車部品をはじめ様々な用途に利用され、重要部品の大切な機能として期待は高まるばかりと言えます。
 長年当社が培ってきたこと、それは『人と自然と技術の共存』です。東日本大震災以降、以前にも増して当社は災害に備え様々な工夫を凝らしています。巨大ピットの中に設備を設置した液の漏洩対策、最新の排水管理システム、水のリサイクル装置による自然環境保全活動など、皆様から「安全・安心」だと言って頂けるよう、社員一人ひとりが使命感を持って取り組んでいます。
 更に、力を入れて取り組んでいるのが「現場力」の向上です。大震災後の早期の復旧に取組めたのも紛れもなく日本の「現場力」でした。当社も様々な取組みがあり、独自の行動指針をまとめた「八宝心書」を裏付けとして、積極的に目的を持ってチーム力を向上させる活動を行っています。
 平成24年6月には自動車産業品質マネジメントシステムISO/TS16949を取得し、当社の活動はこのシステムに裏付けされた経験知と理論知の融合した「知的体育会組織」へと発展しています。
 平成27年7月に、当社は創立70周年を迎えることになりました。お客様、地域の皆様、ビジネスパートナー様のご支援ご協力の賜物と深く感謝申し上げます。
 世界情勢が不安定の中、円安の長期化等々、日本経済・日本企業を取り巻く環境は益々厳しさを増しています。こういう時代だからこそ、当社は、皆様とのご縁を大切にし、益々お役に立てるよう、情熱と粘り腰で進んでいく所存です。
 引き続き変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

株式会社駒ヶ根電化
代表取締役社長 山下政隆
八宝心書

みんなの想い、願い、行動を8つの言葉に託した「八宝心書」が完成しました。
手を取り合い、協力し、明るい明日に向かって進むための、仲間同士の心の指標や拠り所をまとめたものです。
私たちは同じ思いでつながりました。

沿革
1989 平成元年 11月 株式会社駒ヶ根電化に組織変更
(旧社名 合資会社丸庄赤穂メッキ工場)
資本金 1,200万円
1991 3年 5月 特許出願「使用済プローブカードの再生方法」
12月 資本金 1,660万円に増資
1995 7年 3月 パッシベーション専用工場建設
11月 中小企業創造法計画認定
「パッシベーション処理の技術開発」
6月 パッシベーション処理自動機導入
1997 9年 10月 フープめっきライン設備導入
10月 長野労働基準局長 努力賞受賞
1999 11年 8月 ISO9002認証取得
2000 12年 8月 社会保険庁長官表彰受賞
2002 14年 8月 ISO9001:2000年版認証更新
2003 15年 8月 各種鉛フリーライン導入
12月 3価クロメート専用ライン導入
2006 18年 1月 ISO14001 7月認証取得に向けキックオフ
8月 イオン交換設備導入(水のリサイクル)
8月 ISO14001:2004年版 認証取得
2007 19年 7月 経営革新計画、承認される(環境保全技術革新)
9月 「MICRO-FLO」排水システム導入
12月 全自動静止ジンケート亜鉛めっき装置稼働
2008 20年 6月 企業立地促進法に基づく事業高度化計画を承認されました
    8月 ISO9001認証更新
      鉛フリー(無電解ニッケル)稼動
      全自動静止亜鉛ニッケル合金めっき装置(高ニッケルタイプ)稼動
2009 21年 10月 全自動バレルジンケート亜鉛めっき装置稼働
    11月 TS16949キックオフ
    1月 半自動バレル亜鉛ニッケル合金めっき装置(高ニッケルタイプ)稼動
2010 22年 5月 鉛フリー手動ライン更新
    7月 65周年を迎える
    8月 ISO9001:2008年版 認証更新
    12月 「環境効率アワード2010」MFCA部門特別賞受賞
2011 23年 5月 行動指針「八宝心書」完成
    7月 ミニTPMキックオフ
2012 24年 6月 ISO/TS16949 認証取得
    8月 ISO14001:2004年版 認証更新
2013 25年 4月 銅、錫、錫銅、ニッケル複合バレルライン稼働
2014 26年 12月 全自動バレルジンゲート亜鉛めっき装置稼働
2015 27年 3月 全自動バレル亜鉛ニッケル合金めっき装置(高ニッケル仕様)稼働
    5月 ISO/TS16949 :2009版 認証更新
2016 28年 3月 イオン交換設備増設
社内環境
社内環境、年間行事、採用に関してご紹介しています。
交通アクセス
  • ■高速道路経由の場合
    ・中央自動車道駒ヶ根IC出口を左折
    ・西友SSV(進行方向左手)の信号(古田切)を右折
    ・約100mで左折
    ・進行方向右手に果樹園のある交差点を右折(前方電柱に当社看板)
    ・最初の道路を左折、すぐ当社です。
  • ■電車の場合
    ・JR飯田線 駒ヶ根駅下車